« 052.JR西日本 キハ120 7 | トップページ | 054.JR西日本485系雷鳥 »

053.回転変流器(保存物)

 JR西日本の交通科学博物館に保存されている回転変流器です。

回転変流器

 電動発電機よりも効率良く、交流を直流に変換する回転機です。日立製作所製で、1933年から1967年まで芦屋変電所で使われました。準鉄道記念物に指定されています。

(撮影:2003/07/26)

<参考資料>

  • 現地説明板

|

« 052.JR西日本 キハ120 7 | トップページ | 054.JR西日本485系雷鳥 »

コメント

声高様
毎回激辛のコンテンツで、感動しています。有閑人です。
あのACからDCに変換する機械の事を、回転変流器と言
うのですか。
私は下津井電鉄の福田駅(茶屋町~味野間)付近にあった
のを見た記憶があります。
電車がノッチを入れると回転変流器の負荷状態が変わるら
しく、回転音が変わっていました。
それと、声高さんの写真に近い状態で、ブラシ付近がむき
出しだった事も印象に残っています。

投稿: 有閑人 | 2004年7月25日 (日) 06:40

有閑人さん、こんばんは。いつもコメントをありがとうございます。夏はやっぱり激辛ですね(^_^)。
原始的な仕組みの回転変流器ですが、意外と変換効率が良いようで(約95%)、けっこう最近まで使われていたようですね。JR東日本の田浦変電所に保存されている回転変流器は、1975年まで使用されていたそうです。こちらも準鉄道記念物ですが、非公開になっています。

参考資料:鉄道記念物ガイド 1994年 交通博物館

投稿: 声高 秀史 | 2004年7月25日 (日) 18:13

 すでに現役ではありませんが、2004年には、高松琴平電鉄にイングリッシュ・エレクトリック製のやつが現存しておりました(その後の状況はわからぬ)。

http://nekosuki.org/landscape/pieces/04005a36.htm

投稿: 猫が好き♪ | 2006年3月14日 (火) 06:17

 猫が好き♪さん、おひさしぶりです(^_^)。琴電にも回転変流器が残っていましたか。画像を拝見しましたが、田舎の水車小屋みたいな感じですね(^_^;)。探せばまだ、ローカル私鉄の変電所に人知れず置かれている物があるのかも知れません。
 HPも拝見しましたが、すごい量の画像ですね。個人的には<ストラクチャー・碑文>なんかに興味を持ちました。こんど時間のあるときに、じっくり読ませていただきますね。それでは、今後ともどうぞよろしくお願いいたします(_ _)。

投稿: 声高 秀史 | 2006年3月14日 (火) 21:13

 ども、おひさしぶりです。
 変電施設というと、ふつうは防爆仕様の頑丈な建物なわけですが、そういうのを想定しつつ駅員さんに聞いたところ指差されたのがアレで。ああ、変圧器ではなくて回転変流機を使ったならこういう感じの建屋で済んじゃうのかあ、と思いました。
 これも非公開物件なんですけど、裏手の窓から中が見えるという話を聞いており、実際行ってみたら覗けました。あんまし言うとそのうちふさがれちゃうかも(=^_^;=)。

投稿: 猫が好き♪ | 2006年4月 8日 (土) 10:17

回転変流機の実物を見たくて検索しヒットしました。解説:
> 交流モーターで発電機を回すことによって、交流を直流に変換するものです。

それでは「電動発電機」の解説です。それより高効率だから採用された「回転変流機」の解説としては適切でないと思います。

「回転変流機」というのは、交流側からみれば、磁極固定・電機子回転型の同期電動機(交流専用)で、電機子にスリップリングから3相交流を供給していますが、その巻線群のもう1端は整流子(コンミテータ)に接続されて、磁極との関係では直流発電機/(電動機)を構成していて、同じ巻線を交直両側で兼用しているので、負荷電流の悪影響である「電機子反作用」と巻線電流が軽減されて、同じ大きさの電動発電機より遙かに大きな電力を直流に変換することができるものです。
 可逆的動作なので回生制動電力を交流電源側に送り返すことができます。(直流→交流変換器としても使えます。
また、整流子の耐圧から高電圧用は製造困難です)

だから、回転変流機=
「高能率で交流を直流に変換する回転機」
程度の方が妥当だと思います。

投稿: 通りがかり | 2006年6月 4日 (日) 21:42

 通りがかりさん、初めまして。コメントをどうもありがとうございました。
 なるほど、「回転変流機」と「電動発電機」とは構造が違うということですね。詳しいご解説をありがとうございます。私の知識ではちょっと解らないところもありましたが(^_^;)、勉強になりました。ご指摘いただいた点を踏まえて、画像説明文を修正させていただきますね。
 今回は、回転変流機についてのご解説をどうもありがとうございました。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします(_ _)。

投稿: 声高 秀史 | 2006年6月 5日 (月) 21:57

はじめまして

特許事務所の仕事をしています。
回転変流機のきれいな写真を特許庁に参考資料として見せるために使用させてください。
引用の際、鉄道雑画帳やアドレスは明記します。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

投稿: 小林克行 | 2013年11月18日 (月) 20:35

小林さん、はじめまして。
当頁の画像ですが、お書きのとおりブログ名とアドレスを明記していただければ、
引用してくださって構いません。
当ブログが少しでもお役に立てば嬉しいです。
よろしくお願いします。

投稿: 声高 秀史 | 2013年11月21日 (木) 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3359/875259

この記事へのトラックバック一覧です: 053.回転変流器(保存物):

« 052.JR西日本 キハ120 7 | トップページ | 054.JR西日本485系雷鳥 »