« 2005年3月 | トップページ | 2005年8月 »

100.保守用車TMC100A型

 100頁目ということで (^_^)、樽見鉄道の保守用車TMC100A型です。

TMC100A

 富士重工1958年製、自重8t、製番は119です。車体前後にピンリンク式連結器、後部に簡易連結器を持ち、床下には転車装置を装備しています。

(撮影:1999/11/02 本巣)

<参考資料>

  • TMC100を探せ (鉄道番外録1 1994年 ないねん出版)
  • MC〈一般型モーターカー見聞録〉 松田務 (トワイライトゾーン・マニュアル11 2002年 ネコ・パブリッシング)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

099.陶器車ポム1形(26)

 国鉄の陶器車、ポム1形(26、都野津駅常備)です。

ポム1形(26)

 最大長7,850mm、荷重15tです。陶器車のほとんどは有蓋車ワム90000等からの改造ですが、このポム26は数少ない新製車(国鉄長野工場製)だそうです。山陰本線都野津駅常備ということは、石州瓦を運んでいたんでしょうね。

(撮影:1981/03/22 都野津)

<参考資料>

  • 〈新版〉国鉄客車・貨車ガイドブック 岡田直昭・谷雅夫 1978年 誠文堂新光社
  • ポム健在! 吉田耕冶・矢嶋亨 (トワイライトゾーン・マニュアル9 レイル・マガジン2000年10月号増刊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年8月 »