« 150.唱歌「汽車」の碑 | トップページ | 152.小国駅ステーション時計(保存物) »

151.国鉄色キハ28・58

 東北シリーズ16回目は、JR東日本の国鉄色キハ28・58です。

国鉄色キハ28・58

 画像手前から キハ28 2371 + キハ58 1022、共に新津運輸区(新ニツ)所属です。列車は、新発田11:32発新津行き126Dです。

(撮影:2006/08/17 新発田)

|

« 150.唱歌「汽車」の碑 | トップページ | 152.小国駅ステーション時計(保存物) »

コメント

まだキハ58,現役なのですね。結果的には、電車の急行形、165系などより寿命が長いですね。それだけ使い勝手が良い、ということでしょうか。

Primera

投稿: Primera | 2006年10月 3日 (火) 23:50

 Primeraさん、こんばんは。キハ28・58・65系ですが、2006年4月4月1日現在、JR全社で136両だそうです。画像の車両は、2003年9月に国鉄色になったもので、ファンを意識した半ばイベント用車両ですね。今回たまたま新発田から新津まで利用した列車がこれだったのですが、車内の雰囲気などは昔のままで、やはりちょっと懐かしい気分でした。でも、以前さんざん見たり乗ったりした車両ですので、いまさら遠くまで乗車や撮影に行こうとは思いませんデス‥‥‥。

<参考資料>
・国鉄形車両・JR化後20年のあゆみ 来住憲司 (鉄道ファン2006年8月号)
・新津区キハ58 1022・キハ28 2371,国鉄色化 栢森千 (鉄道ファン2003年12月号)

投稿: 声高 秀史 | 2006年10月 5日 (木) 02:55

僕も学生時代、東北を旅していて良くお世話になりました。こいつ、コイルバネ台車のわりに乗り心地が良かった気がします。あと、惰行に移ってエンジン音が静かになったところが好きでした。

Primera

投稿: Primera | 2006年10月 6日 (金) 00:21

 Primeraさん、こんばんは。東北地方にはかつて、分割併合を繰り返す気動車急行群がありましたよね。また、金沢~青森を結ぶ長距離急行「しらゆき」なんていうのもありました。
 乗り心地に関してはあまり記憶にありませんが、同じキハ58系でも500PSエンジン装備のキハ65は、上下動が激しくて乗り心地が悪かったように覚えています。

投稿: 声高 秀史 | 2006年10月 9日 (月) 22:19

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 151.国鉄色キハ28・58:

« 150.唱歌「汽車」の碑 | トップページ | 152.小国駅ステーション時計(保存物) »