« 2007年2月 | トップページ | 2007年6月 »

179.大鉄車輌工業トラバーサー

 東海道本線向日町駅南東にあった大鉄車輌工業トラバーサーです。

大鉄車輌工業トラバーサー

 この大鉄車輌工業があった場所は、現在住宅地になっています。なお、ここの線路は専用線ではなく、国鉄/JR側線でした。

(撮影:1993/02/27〈許可を得て〉)

参考資料:昭和58年版 専用線一覧表 (トワイライトゾーン・マニュアル6 レイル・マガジン1997年10月号増刊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

178.JR嵯峨嵐山駅舎

 駅舎橋上化工事のためまもなく解体される、JR山陰本線嵯峨嵐山駅舎です。

嵯峨嵐山駅舎

 1907年頃の建築と考えられています。なお、駅前広場には既に仮駅舎が設置され、駅舎を眺めることは出来なくなっているようです。

(撮影:2004/07/01)

<参考資料>

  • 駅旅のススメ 杉﨑行恭 2005年 JTB
  • 倶楽部鉄道フォーラム JR【アーバンネット】4 掲示板 #639 (2007/03/19)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

177.開業20周年ヘッドマーク付き伊勢鉄道イセ104

 今月27日に開業20周年を迎える伊勢鉄道記念ヘッドマークが取り付けられています。

開業20周年ヘッドマーク付き伊勢鉄道イセ104

 画像のヘッドマーク部分をクリックすると、別ウィンドウでアップ画像が表示されます。ちなみに、開業15周年の時はこんな感じでした。

(撮影:2007/03/15 四日市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

176.加茂駅旧跨線橋支柱

 関西本線加茂駅に保存されている旧跨線橋支柱です。

加茂駅旧跨線橋支柱

 支柱下部には 尾張 熱田 鐵道車輌製造所 製造 と刻まれています。製造年の刻印はありませんが、この“鐵道車輌製造所”は1896年に設立され、6年後の1902年に早くも倒産していますので、その製造時からすると駅舎が橋上化された1999年12月まで、跨線橋支柱として約百年の務めを果たしたことになります。ただし、加茂駅が開業した1897年11月にはまだ跨線橋は無く、1900年以降に設置されたようです。

 また、駅北側には煉瓦造りの危険品庫も残されています。煉瓦はオランダ積みで、建物財産標では1897年10月建築となっているそうです。ちなみに画像右側には、撤去直前の跨線橋支柱が写っています。

加茂駅危険品庫

(撮影:2003/05/03〈許可を得て〉,2000/01/09)

<参考資料>

  • アラディン建築 -赤煉瓦のランプ小屋- 臼井茂信 (鉄道ファン1989年7月号)
  • 〈改訂版〉日本の鉄道車両メーカー要覧 藤田吾郎・岡田誠一 (鉄道ピクトリアル1996年8月号)
  • 鉄道考古学を歩く 浅野明彦 1998年 JTB
  • 旧鉄道フォーラム 鉄道歴史談話室6 #9330 (2000/01/01)
  • 大仏鉄道研究会公式ホームページ
  • 交通科学博物館HP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年6月 »