« 2007年8月 | トップページ | 2008年1月 »

192.DD15 37(保存車両)

 これで最後、鉄道ピクトリアル誌勝手に連動企画、第3弾! 小樽市総合博物館に保存されているDD15 37です。

DD15 37

 1965年日本車輌製です。苗穂機関区に新製配置され、室蘭機関区、鷲別機関区、岩見沢第二機関区と移動、1986年に同所で廃車となりました。

(撮影:2003/08/21 小樽交通記念館〈当時〉)

<参考資料>

  • DD13・14・15形 配置と運用の足跡 佐藤繁昌 (鉄道ピクトリアル2007年12月号)
  • DD13・DD14・DD15車歴表 (同上)
  • 現地説明板

| | コメント (0) | トラックバック (0)

191.DD14 323(保存車両)

 続きまして、鉄道ピクトリアル誌勝手に連動企画、第2弾! 小樽市総合博物館に保存されているDD14 323です。

DD14 323

 1976年川崎重工製、除雪装置は同年新潟鉄工所製です。岩見沢第二機関区に新製配置され、1993年に同所(空知運転区)で廃車となりました。

(撮影:2003/08/21 小樽交通記念館〈当時〉)

<参考資料>

  • DD13・14・15形 配置と運用の足跡 佐藤繁昌 (鉄道ピクトリアル2007年12月号)
  • DD13・DD14・DD15車歴表 (同上)
  • 現地説明板

| | コメント (0) | トラックバック (0)

190.DD13 638(保存車両)

 ひさびさの、鉄道ピクトリアル誌勝手に連動企画! 弁天町の交通科学博物館に保存されているDD13 638です。

DD13 638

 1967年日本車輌製です。吹田第一機関区に新製配置されましたが、翌年姫路第一機関区に転属、1986年に同所(姫路運転区)で廃車となりました。

(撮影:2007/10/24)

<参考資料>

  • DD13・14・15形 配置と運用の足跡 佐藤繁昌 (鉄道ピクトリアル2007年12月号)
  • DD13・DD14・DD15車歴表 (同上)
  • 現地説明板

| | コメント (0) | トラックバック (0)

189.伊賀鉄道広小路駅の近江鉄道未成線ホーム用地

 本日より、近鉄伊賀線が伊賀鉄道となりました。その伊賀鉄道広小路駅ですが、昭和初期に近江鉄道が伊勢方面への路線延長計画の下、貴生川から広小路まで線路を延伸して当時の伊賀電気鉄道に接続する計画があり、そのホーム用地の一部が今でも残っています。

伊賀鉄道広小路駅近江鉄道未成線ホーム用地

 画像左端の線路が伊賀鉄道で、手前が伊賀神戸方、奧が上野市方です。画像中央の水色の柵で囲まれた場所が近江鉄道広小路駅の用地で、線路は中央奧から直線でやって来て、画像手前の駅構内で繋がる計画でした。下はその計画図です。完成すれば3面4線の駅で、両線ホームの間には近江鉄道の貨物積卸場もできる予定だったようです。

伊賀鉄道広小路駅近江鉄道乗り入れ計画図

(撮影:2007/10/01 広小路 / 2007/04/01 彦根まちなか博物館)

<参考資料>

  • 近江鉄道コレクションブック 彦根商工会議所事業委員会 2007年 国宝・姫路城築城400年祭実行委員会
  • 廣小路停車場平面圖 近江鐵道株式會社 (2007/04/01 彦根まちなか博物館「近江鉄道コレクション」展示)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2008年1月 »