« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

201.鹿児島市交通局501〈音声あり〉

 車齢50年を超えてまだまだ現役、鹿児島市交通局501です。

鹿児島市交通局501

鹿児島市交通局501車内

 1955年東洋工機製、最大長は12,500mmです。1969年にナニワ工機でワンマン化改造を受け、1984年に冷房化されています。

 ところで今回は、鹿児島市電の懐かしの音声を添付しました。1985年9月30日限りで廃止された伊敷線を行く616の車内音です。収録区間は鹿児島駅前→伊敷町、収録日は1982年4月6日となっています。ポッドキャスティング対応ですので、どうぞお聴きくださいね。ちなみにこの616号、1963年製ですが、こちらもまだ現役です。

(撮影:2008/04/27 鹿児島駅前)

<参考資料>

  • 鹿児島市交通局 水元景文 (鉄道ピクトリアル1976年4月臨時増刊号)
  • 鹿児島市交通局 小林隆雄 (鉄道ファン1985年5月号)
  • 日本の路面電車6 鹿児島市交通局 (鉄道ダイヤ情報1993年4月号)
  • ローカル私鉄車輌20年 路面電車・中私鉄編 寺田裕一 2003年 JTB
  • 都市交通新世紀15 鹿児島市交通局 服部重敬 (鉄道ファン2004年8月号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

200.保守用車TMC200A型

 200頁到達を記念して(^_^)、近江鉄道の保守用モーターカーTMC200A型です。

TMC200A型

TMC200A型

 富士重工1966年製、製番60、エンジンは過給機付きで定格出力136kW(185PS)です。自重11.6t、車番はモ245となっています。富士重工製の大型転車装置を装備しています。検査標記は 7-2/近彦工 となっており、現在は使用されていないようです。

(撮影:2007/04/01 彦根〈近江鉄道ミュージアム〉

参考資料:MC -一般型モーターカー見聞録- 松田務 (トワイライトゾ~ン・マニュアル11 2002年 ネコ・パブリッシング)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

199.忍ヶ丘駅開設記念碑

 JR片町線忍ヶ丘駅前に建つ駅開設記念碑です。

忍ヶ丘駅開設記念碑

 碑の側面には 昭和二十八年五月朔日依請開通 と刻まれており、裏面には設置委員名が彫られています。忍ヶ丘駅は、地元が建設費用を全額負担した請願駅だそうです。

(撮影:2007/11/03)

参考資料:JR・私鉄全線各駅停車8 近畿470駅 宮脇俊三・原田勝正 1993年 小学館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

198.正雀駅ホーム上の信号機

 ホーム屹立シリーズ第2弾!(そんなのあったか?! 阪急正雀駅のホーム上に立つ場内信号機です。架線柱やホーム屋根からぶら下がっている信号機はよく見かけますが、ホームの真ん中に直接立っているのは珍しいのでは‥‥‥? ちなみに、ホーム屹立シリーズ第1弾はこちらです。

正雀駅ホーム上信号機

(撮影:2007/12/29)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

197.陸軍川西側線煤谷川鉄橋跡

 京都府精華町のJR片町線下狛駅付近にある陸軍川西側線煤谷川すすたにがわ鉄橋跡です。

陸軍川西側線煤谷川鉄橋跡

 画像右手が片町線に接続していた北側、左手が弾薬庫へ通じていた南側です。下の画像は、南側に立っている説明板と、保存された橋桁の一部です。

陸軍川西側線煤谷川鉄橋保存橋桁

 橋桁の鋼材は、イギリス・ドーマンロング社製とのことです。下の画像は陽刻の一部、MIDDLESBROUGH / ENGLAND と刻まれているそうです。(陽刻が見やすいよう、画像を大幅に補正しています)

陸軍川西側線煤谷川鉄橋保存橋桁陽刻

(撮影:2007/11/18)

<参考資料>

  • 鉄道廃線跡を歩くV 宮脇俊三編著 1998年 JTB
  • 現地説明板 (2007年 精華町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

196.快速「あまるべロマン」号〈動画あり〉

 キハ65系エーデル車4連の快速「あまるべロマン」4号です。

快速「あまるべロマン」号キハ65系エーデル車

 先頭車はキハ65 701、前面展望席はこんな感じです。

キハ65 701展望席

 なお、今回ひさしぶりのアップということで(^_^;)、オマケの動画を付けました。余部鉄橋を渡る「あまるべロマン」4号の前面展望です。いつもどおりポッドキャスティング対応ですので、どうぞご覧くださいね。

 ちなみにこの列車、今秋はあまるべマリン号と名を変えて、エーデル車4連または国鉄色キハ28・58で運転されるそうです。

(撮影:2008/05/03 浜坂・佐津)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »